▲ ページ上部へ

パンくず画像

トップページ > 寄付の使い道

挿絵

使い道の最新情報

使い道の最新情報1
ふるさと納税寄付金により楽器を購入しました。
昨年の、ふるさと納税寄付金の一部を活用し、北中城中学校の楽器を購入しました。
吹奏楽部では、県内外で優秀な成績をおさめています。
寄付金については今後も、寄付者の意向に沿った村の様々な事業へ活用していきます。

北中城村ふるさと納税 寄付の使い道

「北中城村ふるさと応援寄附金制度」は、個人又は団体から寄附金を募り、これを財源として個性豊かな活力のあるまちづくりに資することを目的としています。
寄付者からの寄附金を財源として実施する事業は次のとおりです。

寄附金の使い道画像1
<き> 希望に満ちた子どもたちを応援する事業
北中城村かかわり宣言「わった~わらば~た~ わった~学校」を推進し、子どもたちの郷土への愛着や誇りを育むとともに、未来の北中城村を担う人材育成を推進していきます。

寄附金の使い道画像2
<た> 多様化する消費者ニーズに対応した地域ブランドの構築
女性長寿日本一の健康長寿をテーマとした取り組みや、アーサ・パッションフルーツなどの農水産業の戦略品目を活用した北中城ブランドの構築を推進し、普及に努めます。

寄附金の使い道画像3
<な> 長年受け継がれる伝統芸能を保全する活動
北中城村の無形民俗文化財(熱田フェーヌシマ、喜舎場の獅子舞、赤木名節)などの伝統芸能を魅力あふれる地域づくりの礎として未来に伝え、郷土の活性化に寄与します。

寄附金の使い道画像4
<か> 観光客の心に響く観光地形成を促進する取り組み
北中城村の自然・文化・食・人など、魅力ある資源を有効活用し、村内に訪れる人・暮らす人・働く人「全ての人が元気になってもらう」観光地づくりを行います。

寄附金の使い道画像5
<ぐ> グスク周辺の景観美化や環境保全活動に取り組む事業
歴史と文化の香り漂う村 北中城村の美しい景観を保全・創造し、風光明媚な自然環境を後世に受け継いでいくための活動を展開します。

寄附金の使い道画像6
<す> 健やかに暮らせる健康と福祉のまちづくり事業
3期連続女性長寿日本一の健康長寿村北中城村を維持することを目的に、子どもから高齢者までの幅広い世代の課題解決や生涯にわたって健全な心身を培う事業を展開します。

寄附金の使い道画像7
<く> 暮らしを豊かにするための情報発信やイベントに関する取り組み
積極的な情報発信により、多くの人々が北中城村に関心を持ってもらうとともに、幅広い世代が参加できるイベントの実施による交流人口の拡大に取り組みます。

寄附金の使い道画像8
<村> 村長に一任
寄附をいただいた皆様の北中城村に対する想いを大切に受け止め、健康長寿村北中城村を守り育てるため村長 新垣邦男が責任を持って使途を定めさせていただきます。